メニュー


車のあらゆる汚れを解決する




車のあらゆる汚れを解決する

鉄粉取り

ザラザラの鉄粉を取り、ツルツルにします。

陸橋の下、鉄道の近く(特に駅の近く)、製鉄所、造船所の近くでは、細かい鉄の粉(鉄粉)が舞っています。
そんな(鉄粉)が車に付くと、車がザラザラになってしまいます。
でも、どんなにザラザラになっても、症状に合わせて丁寧に取りツルツルにします。
最新の技術で取りますので塗装を傷めることはありません。鉄粉を取ったあとは、お好みに合わせてKeePerコーティングをさせていただきます。すると鉄粉が付きにくくなります。

施工時間
15分~

付着している鉄粉の量が非常に多い場合は、別途見積もりさせていただきます。

花粉のシミ取り

花粉や黄砂は車が汚れるだけではありません。
塗装にダメージを与え、美観をそこないます。

「花粉」のシミはお湯で根気よく取ります。
70℃以上のお湯をかければ、キレイに取り除くことができます。
もしくは、夏になれば自然にシミ跡は消えることもあります。
花粉による目立つシミ跡が付くこと自体を防ぎたい場合は、
絶対的な効果のあるキーパーコーティングで保護しておくことをおすすめします。

施工時間
15分~

塗装をいためる「花粉」のこびりつき

花粉がこびりつくと、洗車をしてもベターっと残って簡単には落ちません。
花粉の種類によってその成分が違うようですが、一般的に、ある種のペクチンは食用の「増粘剤」として使われているほどベトベトしているもので、洗車だけでなかなか取れない原因となっています。コーティング、特に無機質のボディガラスコーティングは花粉のこびりつきを防ぎます。


黄砂による「水シミ」の防止にも効果を発揮

雨に混じった黄砂は、雨粒の中に溶け出して、ミネラル分の多い水になります。そのまま蒸発すると、自動車の塗装上に「水シミ」を発生させます。


キーパーコーティングなら「花粉」が乗る絶対量が減る

次の実験車の写真をご覧ください。キーパーコーティングでは日々いろいろな実験をしています。コーティングの性能を評価するために実験された車を日常的に使用し、その変化の記録をとっています。その1台なのですが、他社コーティング施工部分と比較して圧倒的に砂汚れが乗っている量が少ないのです。キーパーコーティングを施工すると黄砂や花粉が乗る絶対量が減ります。「そもそも」ボディに黄砂が乗る絶対量が少ないので、黄砂による「水シミ」の発生を防ぐのです。



樹液取り

「松ヤニ」などの樹液を、キレイに取ります。

「松ヤニ」など油性分を含んだ樹液は、塗装を膨潤させたり溶かしたりする悪影響を与えることがあり、
出来るだけ早く除去する必要があります。
技術者が樹液に合わせたケミカルを使って、安全に除去します。

施工時間
15分~

コーティング前処理で取れることが多くあります。

ピッチ除去

タイヤから跳ね返るピッチやタールを、キレイに除去します。
舗装してまだ間もないアスファルトや、夏の日差しで暑く焼けた道路を走行すると、真っ黒なピッチやタールが下回りに付着します。

油性なので長期間放っておくと塗装にしみ込んで、黒いシミになる事があります。
軽度の場合、洗車だけで取れます。あるいはキーパーコーティングの前処理・汚れ落としでキレイに取ることができます。

施工時間
10分~



 

キーパーコーティング理論紹介

TOPICS

car_coating.keeper

Load More... Follow on Instagram
PAGE TOP