メニュー


車のあらゆる汚れを解決する




油膜取り

雨天時の視界を妨げるギラつく油膜をスッキリ取り去ります。

油膜を取り、窓ガラスをスッキリキレイに仕上げます。
油膜は、走行中に降りかかる排気ガスなどで、窓ガラスに付着する油の膜です。
この膜によって、雨天の走行時に、視界が妨げられてしまいます。これをキッチリ取り去ると、とても快適なドライブができます。
フロントガラスは、水を弾くと逆に見えずらいと言う方は、こちらの油膜取りがおススメです。

施工時間
10分~

施工価格
  • フロント SS・S・Mサイズ
    1,570円
  • フロント L・LLサイズ
    1,880円
  • 全面 SS・S・Mサイズ
    4,400円
  • 全面 L・LLサイズ
    5,450円

付着している油膜の量が非常に多い場合は、別途見積もりさせていただきます。
窓ガラスの「視界スッキリ」

抜群の撥水効果で雨の日の視界確保!

雨の日の運転をより安全にし、安心できるから必要以上に疲れにくくなります。
また強い水弾きは非常に気持ち良く、カーライフを快適にします。



フッ素ガラスコーティング
施工時間:15分~
耐久:3~6ヶ月

フッ素ガラスコーティングの効果

未加工

ウィンドゥガラス表面は、水に馴染む親水性であることと、目には見えないミクロレベルでデコボコがあることが特徴です。雨が降ると、ウィンドゥガラス表面に水滴が引っかかりながら、べとっと広がり(厚みを持って拡散し)、水膜が覆い被さるようになります。水膜によって光が透過しづらくなるので、走行中の視界が悪くなります。ウィンドゥガラス表面に撥水コーティングをすると、強く水を弾く撥水性の被膜が形成され、さらに被膜が表面のデコボコを埋めます。雨が降っても、強い水弾きによって水滴が広がらず真ん丸の水玉となってコロコロと流れ落ちるので、光を遮る水膜ができません。また走行中の風圧で吹き飛ぶようになり、すっきりとした視界を確保できます。


フッ素系の撥水コーティング

フッ素ガラスコーティング施工済み

近年、高い性能から主流となってきているのがフッ素系の撥水コーティングです。フッ素系の撥水コーティングの特長として、強い水弾きを持ち、抜群の防汚性を持つので、油膜やウォータースポットが非常に付きにくくなります。さらに大きな特長として、高い耐久性を持っており、持続期間は3~6ヶ月です。長い間、強力な撥水性と防汚性を続けることができます。



シリコンガラスコーティング
施工時間:10分~
耐久:1~3ヶ月

 

キーパーコーティング理論紹介

TOPICS

PAGE TOP